ブランド事典

ヴァッツォレール Vazzoler

ブランド

■デザイナーから

色、素材感、フィット、機能、スタイルの結集であるデザイン、そして欲のない美の追求。
それこそがイタリアン・クラシコ。
そのフィルターを通し市場・時代の流れをキャッチしパーソナリティー・レザープロダクトを作り出す。
最初に目に映る色、これで興味を持つか持たないかハッキリと決まり、次はターゲットに合わせた選択が求められ、シンボリズムの構築をすることによりプロダクト・イノベーションが成立し新商品が生まれる。
昔から防寒具に採用されてきた皮革、長く愛されてきているが、これからも長く愛されるものであってほしい。

■生産背景

1956年、イタリア・ヴェネト州ヴィチェンツァに創立されたファクトリー、ヴァッツォレール・ミレッラ(Vazzoler Mirella)。
1973-1988年、ヨーロッパでも指折りのイタリアアパレルメーカーまでに上りつめたBreco’sのレザーウェアを生産し続け、1975年よりGiorgio Armaniのファーストラインのサンプル、生産を手掛けました。
現在はシャネル、エトロ、バラクータ等有名メーカー10社以上と取引をしています。

皮革は古くからの取引先アルフレド・モッタ社のものを多く採用しており、今年からキートンの全てのレザーウェアのサンプル・生産を任され、信頼と技術は御墨付きのファクトリーです。
デザイナーはイタリア在住の日本人、中新井淳平氏。
ミラノのエラル55で勤務し、ベヴィラクアやミゼロッキなどにも携わり現在活躍しているデザイナーの一人です。
今回のコレクションは、オーセンティックなデザインをイタリアのフィルターを通して現代的にモディファイし、長年愛用していただけるものに仕上がっています。


ヴァッツォレールの商品一覧を見る