ブランド事典

ギ・ローバー GUY ROVER

ブランド

ギ・ローバー(GUY ROVER)は1973年に北イタリア、VICENZA(ヴィチェンツァ)のTHIENE(ティエネ)にて設立されました。
ミラノの専門店を中心にその、まじめなもの作りとクオリティーの高さが支持されています。

各専門店の意見に対して柔軟に対応するモノ作りも高く支持される要因です。
その顧客の意見を商品に生かした代表的な商品が、鹿の子のシャツです。
鹿の子の生地を使ってシャツができないかとの、リクエストを商品化しました。
今となっては、ドレスシャツと同様に代表的な商品にまで成長しました。
一方、クオリティーでは、首の取り付けと、前身ごろの柄合わせを重要なポイントとしており、首の取り付けは、決して首のねじれがないよう、独自の縫製を行っています。
前身ごろのみ、手で裁断し柄を合わせています。
V-ZONEの見え方を常に重要なポイントとしてモノ作りをしています。

カジュアルシャツでは、洗いのシャツが中心ですが、モデルによって洗い方を変えています。
他ブランドとのコラボレーションではノウハウを吸収し、常にモノ作りに生かしています。

サイズは各国用にバランスを変えています。
当然、日本向けの商品は、日本用のサイズスペックを採用しています。
日本市場でのリクエストと市場に対応する柔軟さが、商品に生かされております。

2007年12月より前身のNUOVA TAELA社から、新たにGUY ROVER S.R.L.として生まれ変わり、GUY ROVERをマーケットの中でより競争力のあるブランドとしての確立を目指しています
ギ・ローバーの商品一覧を見る