ブランド事典

マイネッティ Mainetti

ブランド

マイネッティ(Mainetti)社は北イタリアを拠点とし、世界中に支社や工場を持つグローバルなハンガーメーカーです。
1961年北イタリアのヴィチェンツァという町で設立されました。
当時のハンガーは服を掛けると服が型崩れを起こしてしまうという大きな問題を抱えていました。マイネッティ兄弟は研究を重ね、ついには型崩れを防ぐAquilotto(アキロット)という洋服のためのハンガーを開発し、大好評となりました。

サルトリアーレハンガーはあるサルト(テーラー)からの、木のような風合いのハンガーが作れないかという要望により生まれました。
マイネッティ社では、これまでの技術力を活かし数年の歳月をかけ、人体工学及び医学の点から型起しを始め、ポリエステル樹脂を発泡させ、木のような風合いと重量感を持つ、サルトリアーレハンガー(直訳すると、老舗のテーラーが愛用するようなハンガー)を完成させました。
すると、イタリアを中心としたブランドがこぞって使うようになり始めました。
フィレンツェ(イタリア)のファッション関係最大の展示会ピッティにおいても、多くの有名ブランドが使用しています。
特にクラシコ系ブランドはほとんどがサルトリアーレハンガーと言っても過言ではありません。

サルトリアーレハンガーは、木目の様な風合い及び美しさと手に持った時の程よい重量感を合わせ持ちます。
ただ掛けるだけの付属品ではなく、クローゼットに並ぶこだわりの服たちの型崩れを防ぎ、一流サルトのようなクローゼットを実現する名脇役です。

マイネッティ社ではサルトリアーレハンガーの普及により実際の木のハンガーの生産を減らし、森林伐採への縮小に貢献したいと考えています。

マイネッティ社は現在では世界中に支社や工場を持つグローバルなハンガーメーカーへと成長し、新しいモデルへの飽くなき挑戦を繰り返し、更なる新しいモデルが誕生しており、独自性を持ったオリジナルのハンガーへの新しいデザイン提案に努めています。
マイネッティ/Mainetti
マイネッティの商品一覧を見る