ブランド事典

ノティファイ Notify

ブランド

ノティファイ(Notify)は独創的なカッティングと縫製技術を完成させた女性デザイナー、モーリス・オハヨンが2003年に設立したフランス発の新しいブランドです。
1959年にモロッコ・カサブランカで生まれた彼女は、テーラリングの仕事をする母のもと、布の裁ち屑を遊び道具にして育ちました。
その後、フランス・パリで本格的に服飾を学んだあと、友人と共同で彼女のデビューブランドとなる「フェティッシュ(Fetiche)」を設立。
そこである日、納入業者が持ち込んだデニムがモーリスの心を捉えます。
洗うと縮み、変形し、縫い目がほころぶという扱いにくい素材に、これまでの自分の知識を見直し、デニム固有の性質にあった裁断と縫製の原則を見つけます。
2003年、母から教わった仕立て技術を応用し、「ラグジュアリー」をコンセプトにした全く新しいデニムブランド、「ノティファイ」を設立します。

約30種類のモデルからなるノティファイのジーンズは、大量生産では不可能な裁断技術や手作業による細部の仕上げなど、誇り高い職人の伝統を継承するディティールがふんだんに取り入れられています。
美しいプレウォッシュ加工を施すことでまるで氷が溶けるような光沢を放ち、繊細でナチュラルな色合いを兼ね備えているのです。

また、何か大切なことを人々へ伝えるように、“Notify”というロゴネームは手縫いによって施されています。
ベルトループの後ろの部分と内側に手縫いでロゴネームが縫い付けており、両色ステッチのボルドーカラーのポケットの裏地など、目に見えない細かな部分に至るまで、デザイナーであるモーリスの最も大切にしているコンセプト、「ラグジュアリー」がうかがい知れます。

ノティファイにはイタリアンメイドとジャパンメイドの2つのラインがあります。
2011年の春夏より、世界各国でもジャパンメイドのジーンズ展開をスタート。
カジュアルでありながらもドレスの雰囲気も持ち合わせる、ノティファイのデニムはそうしたフランスらしいエスプリの利いたパンツなのです。
ノティファイ/Notify
ノティファイの商品一覧を見る