ブランド事典

ジョンスメドレー John Smedley

ブランド

ジョン・スメドレーの歴史

『ジョン・スメドレー』は産業革命の初期、1784年イギリス ダービーシャ州のリー・ブリッジ村でピーター・ナイチンゲールとジョン・スメドレーの両氏により創業されました。
リー・ブリッジ村には小川が流れており、動力を得るのにも工場用水を確保するにも理想的な場所でした。
当初はモスリンの生産と綿花を紡ぐことに力を入れていましたが、18世紀の終わりには、靴下製造や毛織物業まで手を広げました。
その後ひとりで工場を経営するようになったジョン・スメドレーは息子のジョンを「メリヤスとウールのすき手」として、6年間の修行に出しました。そして24歳の若さで後継者としての実力をつけ、2代目ジョン・スメドレーとなりました。
2代目ジョンは会社を発展させてゆき、今ある『ジョン・スメドレー』の基盤を固めました。彼の経営方針とは、紡ぎ、編み、縫製までの全工程を自社内で行う というもので、その為に工場を広げ、新しい機械を導入し、職人を増やし技能を高めました。そして小さな紡績工場から始まった『ジョン・スメドレー』を一貫 したラインで製品作りを行うニット・メーカーへと発展させたのです。
さらに4代目のジョン(ジョン・B・マースデン・スメドレー)が1888年から会長となり、当時最先端の紡績機と編み機をいち早く導入しファインゲージの ニット・ウェアの製造に着手しました。その製品は当時のイギリスには匹敵するものがないといわれるほど木目細かい編目の美しいものでした。
それが世界中で愛される、最高のニット・ウェアとして今に伝えられているのです。

創立から200年以上経ったいまでも変わらぬ場所に、長い歴史を刻んだレンガ建ての工場が佇んでいます。
現在、最新のコンピューター制御の機械も使われていますが、そこには古くから使われ続けている機械があり、そして各工程において、何世代にもわたって伝承 された職人の技が必要とされています。最高の素材、長い伝統に培われた技術、そして最新のテクノロジー。それらの融合がジョン・スメドレーの美しく、心地 好い肌触りのニットウェアを生み出しているのです。
ジョンスメドレー/johnsmedley
ジョンスメドレー/johnsmedley

ジョン・スメドレーの技術

【糸が出来るまで】
染色されたウールはドローイング、スピニング、ワインディング、ツイスティングという主に4つの工程を経て、細かな撚り糸に仕上げられます。

(1)ドローイング
ウールの束を「ギルボックス」という機械にかけて何度も引き伸ばし短い繊維を取り除く事により長い繊維のみにします。そしてさらにドローイングを4回繰り返します。

(2)スピニング
ドローイングによって取り出された長い繊維を撚り、ここで均等な太さの単糸に仕上げられます。

(3)ワインディング
紡績された単糸の糸むらやキズものを除去したあとにワックスをかけて糸を巻き取ります。

(4)ツイスティング
単糸を2本撚り合わせ強力な双糸にします。紡績された糸は電子的に計測し、キズがある場合は除去され、ニッティング工程へとまわします。

【ニッティング】
ジョン・スメドレーは天然素材を用いた、きめの細かいフルファッションの製品として有名です。他社メーカーの技術では24ゲージまでが限界ですが、ジョン・スメドレーでは、さらに編目の細かい30ゲージまで編むことが出来ます。
1877年に、3代目ジョン・スメドレーが「コットン・パテント」というフルファッション編み機を設置しました。これにより繊維を切断することなくボディ パネルやスリーブなどのパーツを少しのくるいもなく編みたてることが出来るようになりました。フルファッションとは身頃や袖などのパーツの編目を増減しな がら形として編みたてる事です。編みあがったボディパネルやスリーブは、リンキング仕上げという、ひと編みごと、熟練した職人による手作業で縫い合わせら れ、欠点のないきれいな継ぎ目に仕上げられます。この継ぎ目は本物の贅沢なニットであることの証明といえるでしょう。

【仕上げ】
最後の仕上げは熟練されたスタッフにより手際よく行われていきます。
首まわりは手作業で1点ずつカットし、襟のリブはひと編みづつ手作業でボディに縫い合わせていきます。この他ラベルの縫い付けなど、様々な工程が手作業で行われます。プレスは型崩れしないように3度行われます。
最初は型に着せてプレス、次に寸法を合わせてプレス、最後はフラット・アイロンという重量のあるアイロンでプレスします。

また、ハッキン・イット(HAKKIN.IT)というブランドはオロビアンコのファッションラインとして展開されており、素材にナイロンとカーフレザーを使った鮮やかな色使いのリュックサックなどが販売されています。

素材

シーアイランドコットン

ジョンスメドレーのSPRING & SUMMERにはJOHN SMEDLEY’S SEA ISLAND COTTONと呼ばれる高級綿が100%使用されております。

シーアイランドコットンの語源は、元来アメリカのジョージア海岸沖の島々で栽培されていた事からきています。約100年前に害虫がそのアメリカ産の収穫を 全滅させてしまいました。しかし、種自体は保持され西インド諸島を含む世界の他地域で栽培が可能となり、以来世界中で非常に高く評価され続けています。

シーアイランドコットンはそれにふさわしい気候、適度な土壌、それに正しい農芸技術が必要で、それらの条件が揃った所にだけ育ちます。摘み方は機械を使わず、それぞれの綿花が熟すのに応じてひとつひとつ手で摘まれています。

シーアイランドコットンは他のコットンが2〜3cmであるのに対して、3〜4cmと長く、シルクに次ぐ細さを持っています。この長さが糸を紡いだ時に糸の 強度を高める元になり、細さは糸をひねったときに繊維が多くなる為、糸に空気が含まれ、吸水性や温度の遮断性が増すことに繋がります。

JOHN SMEDLEY’S SEA ISLAND COTTONはシルクのような光沢とカシミアのような肌触りをあわせ持つ最高級の天然素材です。触れていただければすぐにその素晴らしさを実感できることでしょう。

ニュージーランドメリノウール

数ある羊の中からジョンスメドレーはニュージーランドのメリノウールを選び、厳選された牧場と直接契約を結ぶことにより、上質なメリノウールを独占的に仕入れています。

ニュージーランドは国全体がスカイブルーの海に囲まれ、丘陸地帯に流れる透明な水、新鮮な空気、理想的な天候等、大自然に恵まれた素晴らしい環境が、1年 を通じてメリノの成長を育みます。その中でスメドレー社は33の牧場とスメドレー育成クラブを結成し選りすぐりの牧場でメリノを大切に管理、飼育していま す。

ニュージーランドメリノは比較的雨が少なく、牧草に恵まれている南島のカンタベリー、オネゴ、ネルソンの丘陸地域で広く飼われていますが、産毛量はニュージーランドウール全体の5%程度と、とても少なく貴重なウールです。

羊毛の中でも最高級の品質を誇るニュージーランドメリノウールはクリンプとよばれる細かい縮れが少ない為、弾力性、しわ回復力、適度なストレッチ性に富んだ糸をつくることができます。また、色は雪のように白く、ソフトでしなやかな肌触りと美しい光沢が特長です。

ジョンスメドレーのウールは、全て厳選されたものを加工し、生地を染色するのではなく、糸の段階から染色するため、色合いに深みがあり、繊維の持つ贅沢な柔らかい肌触りがいつまでも長持ちします。

メンテナンス

洗濯方法

丸洗いの洗濯にもよく耐えます。色物は色移りする場合があるので、分けて洗濯してください。
セーターは裏返して(ボタンがあるものは留めて)、洗濯ネットを使用します。
手洗いの場合は、大きめの容器にたっぷりのぬるま湯(液温は30℃以下)を使用し、よく溶かした適量の中性洗剤で、やさしく押し洗いをしてください。もみ洗いや流水を流しながらのすすぎはおやめください。
機械洗いの場合は、弱流水もしくは手洗いモードでの洗濯をおすすめします。
洗剤は、中性洗剤をお使いください。ウールはウールマーク表示のある洗剤を使用してください。柔軟材を使うとふんわりソフトな仕上がりになります。塩素系の漂白剤は使用しないでください。
濡れたままでの放置は色染みの原因になりますので、脱水は必ず30秒〜1分ほどかけてください。形を整えて大きめのタオルの間にはさみ、やさしく上から押さえるのも良いでしょう。

乾燥方法

干し方は、風通しの良い平らな台の上で、広げて陰干しをしてください。
物干し竿を使用する場合は、バストの部分と肘の部分を掛けて干すとよいでしょう。
乾燥機は、縮みの原因になりますのでお使いにならないでください。

保存方法

清潔にしてから保存することが大切です。収納前には必ず洗濯をし、シミや汚れをきちんと落としてよく乾燥させてください。市販の防虫剤を使い、タンスやク ローゼットは天気の良い日にたまに開け放して空気を入れ替えます。クリーニングのビニール袋は空気が滞留して湿気の原因となりますので、はずしてからしま います。
ジョンスメドレーの商品一覧を見る