ブランド事典

シャンボール・セリエ Chambord Sellier

ブランド

有名メゾンが認めるファクトリーブランド

フランス、パリから列車で1時間ほど離れたロアール地方に所在する町、シャンボール。
シャンボールは1498年オーレオン公爵が王ルイ12世の地位について以来、フランス王国の所有地として栄え、またChevalier(中世の騎士)が住んでいたこともあり馬具産業が発達した街としても知られております。
SELLIER=セリエとは車などの乗り物のための椅子や馬具などを作る、革の専門職人、もしくはそれらを取り扱っている専門店のことを言い、シャンボール・セリエ(CHAMBORD SELLIER)というブランド名はこの二つの言葉から生まれました。

シャンボール・セリエの歴史は60年にも及び、フランスを代表する一流ブランドの生産を手掛けてきた実績が、そのクォリティの高さを物語ります。
この長年培った経験や技術・高いクォリティを背景に、2004年よりオリジナルコレクション、シャンボール・セリエを発表しました。
フランスらしいエレガンスを持つコレクションは、シャンボール地方を象徴する馬具をモチーフにしたディテールが多く用いられ、革の質や仕上げの良さが引き立つシンプルなデザインが特徴です。
芯に天然素材の縄を用い、手にしっくりと馴染む作りのハンドルや、出色の美しさを放つコバ磨きは長年の経験による職人の技術が必要とされます。

また、ロゴプレートにあしらわれているシャンボール城はこの地方最大のお城で1519年より30年も掛けて建設されたもので、世界遺産にも指定されています。
当時のフランス国王、フランソワ1世の趣味であった乗馬狩猟(馬に乗ったままでの狩猟)の場所として建てられたのが目的だったので広大な敷地を有しています。
この特徴的で優美な城の建築家は、フランソワ1世と親交のあったレオナルド・ダビンチであると言われています。
当時流行していたルネサンスの色濃い建築スタイル(2重螺旋階段もここにある)があり、フランソワ1世の庇護のもとで暮らしていたダビンチは、城の建築に取りかかる4日前に息を引きとったので、彼の最後の大作だとも言われています。
シャンボール・セリエの商品一覧を見る