ブランド事典

ジョンソン・ウーレンミルズ Johnson Woolen Mills

ブランド

ジョンソンウーレンミルズ(Johnson Woolen Mills)は1842年、地元の農民たちが自分達の洋服のために 彼らの飼っていた羊たちの羊毛をこの地に持ち寄ったよったことから始まりました。
19世紀の終わりになると、彼らは重たく厚手のウールのズボンを作り始めます。
このパンツは今でもアメリカ国内で圧倒的に指示されており、REIなど大型ストアーにも商品を提供している程です。
そしてそれは当時のアメリカ北東部ヴァーモントの気候と、ニューイングランドの地にぴったりと適したものでした。
これこそが過酷な状態で使用するハンターや林業に従事するリアルユーザー達に愛用されている本物の証しと言えるでしょう。
また150年以上続く老舗であるにも関わらず、クライアントのニーズを的確に捉え、要望を積極的に取り入れる柔軟な姿勢も持ち合わせています。
随時50柄近いメルトンファブリックを全ての型に使うことが出来、またタータンチェックなど従来のラインナップには存在しない生地使いなど、大量生産の工場には不可能な生産システムが同社の特徴と言えます。
ジョンソン・ウーレンミルズ/Johnson Woolen Mills
ジョンソン・ウーレンミルズの商品一覧を見る