ブランド事典

J&M デヴィッドソン J&M Davidson

ブランド

J&M デヴィッドソンは1976年、イギリス人のジョン・デヴィッドソンと、フランス人のモニーク・デヴィッドソンという2人のデザイナーにより立ち上げられました。
最初はベルトが出発点となり、バッグなどレザーアクセサリーのブランドとしてデビュー。
1984年に独立企業としてスタート。
その後商品群は更にクロージングへも広がりました。

デヴィッドソン夫妻のデザインは、古いものと新しいカルチャーをミックスさせるスタイルが特徴で、審美的なデザインでクラシックとモダンを見事に調和させています。
2人のアートへの造詣は深く、ヨーロッパ的なデコラティブスタイルと歴史的な伝統を継承して、それらがデザインの中に自然に生かされています。
また、世界中への旅やその探究心によって、さらなるインスピレーションと出会い、クリエイションへの新鮮な刺激を受けています。
だからこそ、常にフレッシュなデザインを生み出しているのです。

1992年、今となってはファッションストリートだが当時はまだファッションの店が全くなかったノッティングヒルのレッドバリーロード62に初の路面店をオープン。
その後、J&M デヴィッドソンギャラリーをゴールドボーンロード97にオープンしました。

現在では、リュックスなバッグのラインはじめ革製品、ニットやアウターなどのクロージングラインも展開。
J&M デヴィッドソンメゾンの商品は、ライフスタイル全般でデザイナーの世界観を体感することができます。
J&M デヴィッドソンの商品一覧を見る