ブランド事典

オリアン Orian

ブランド

イタリアを代表するシャツブランドであるオリアン(ORIAN)は故ジャン・ガエターノ・オリアン氏により創設されました。
彼は1990年に北イタリア・ヴェネストシュウ・カステルフランコ・ヴェストにあったシャツ工場を買い取り、自身の名を冠したレーベルをスタートさせました。

氏はシャツ自体が主張する事や過度な装飾を排し、着る人の個性を際立たせるシャツを理想としました。
そこにエレガンスがあると考えたのです。
そのモノづくりの哲学は、イタリアの伝統的な職人技術と最高水準の機械技術との融合にあります。
氏は、いかに伝統的なサルトリア(仕立て屋)の技術を現代のモノ作りに反映できるかに試行錯誤を重ね、「エイトステッチ(1cmに8個の運針を施す)や衿をふんわりと仕上げるソフトフィニッシュなどに具現されています。
それでもなお、いいシャツをつくるのは難しいことだとしてこう言いました。
“肌に密着するものだけに快適に着られなければなりません。あたかもSecond Skin(もう一枚の皮膚)のようにね。肌の上に皮膚のようになじむ品質を得るには、慎重を期して裁断し、縫製していかねばなりません。”

今も創業者の思いは受け継がれ、オリアンの品質は保たれています。
高品質かつバリエーション豊富な素材・色柄に加え、衿型、カフ型、スリムフィット等のディテール・シルエットの多彩さもオリアンの大きな魅力であり、軽やかで今の空気感を反映したシャツを作り続けています。
オリアンの商品一覧を見る