ブランド事典

クロ KURO

ブランド

クロ(Kuro)は2010年に誕生したデニムブランドです。
ブランド名は、日本語の「黒」を意味します。
黒は、陰湿、孤独なイメージを与え、神秘的で威厳があり、強さを表します。
そして、黒は私達日本人にとって美しい髪の色をも表現します。
それらのあらゆるインスピレーションは、クロのデニムへと注がれました。

紡績や縫製、染色、加工など、デニム作りにおいて世界最高峰と謳われる日本のクラフトマンシップはディテールへ、ステッチワークという遊び心はシルエットへと昇華しています。
徹底的にこだわり抜かれた「メイド・イン・ジャパン」は、独創的なデザインと圧倒的なコストパフォーマンスを持ち、Pitti Uomoへの出展を皮切りに世界各国のショールーム、バイヤーから高い評価を受けました。

クロのデニム加工は岡山県児島で行われています。
デニムの産地でもある児島で職人の経験と管理により、丁寧に1点1点手作業で洗い、染めを行っています。
最大の特徴は、ジーンズの魅力の一つでもあるヒゲで、形状記憶の立体的なヒゲ。
素材は吉河織物製デニムや日本綿布製デニムを使用。
糸は強度のある単糸(金茶)と単糸(白)を合わせた双糸を使用しています。
また、綿糸を使用しているため、加工後や履き込んでいくうちに糸の色も抜け、古着のような色や風合いが出ます。
その他にも、糸の太さやステッチ幅などを要所で変えており、細部にまでこだわりを追求し続けています。