ブランド事典

ロシニョール Rossignol

ブランド

ロシニョール(Rossignol)は1907年にアベル・ロシニョールにより創業された世界最大級のスキー用品メーカーです。
100年以上の歴史を持ち、フランス・イゼールに本拠を置きます。
ロシニョールはフランス語でサヨナキドリを意味します。
フランスのスキー代表チームを筆頭に、世界各国のナショナルスキーチームの公式団体として世界中にその名声を轟かせています。
フランスの国鳥であるトリコロールのニワトリのマークはフランスナショナルチームの公式スポンサーにのみ使用を許された由緒正しきアイコンとなっています。

ロシニョールはさらなるブランドの価値を高める為、伝統と技術を融合したファッション、ヘリテージコレクションの展開を2015年FWよりスタートしました。
極寒の寒さにも適合するパーカーやダウンジャケットなど、創造性に富んだコレクションはメンズとウィメンズで展開します。

ロシニョールは2015~16年冬、軽さ、柔らかさ、安全性を確保した、スタイルにとらわれない、伝統的なダウンジャケットを発表します。
もちろん、ダウンジャケットに使用する羽は生きた動物から取られたものでないということを保証しなければならない為、ロシニョールはフランスのダウン供給元であるDuvet du Faubourg社と新しい方法に視点を当て、3社が開発した素材を採用しました。

この素材は、暖かいだけでなく低コストで湿気にも抵抗力があり、洗濯機でも簡単に洗うことができる素材となっています。
また、羊毛も多く使用していることで通気性もあります。
合成ポリエステルナイロンや通気性が良いコットンは衣類を防水にするために使用され、ロシニョールの新しいの世界を生み出しています。
ロシニョールの商品一覧を見る