ブランド事典

ヤコブ・コーエン Jacob Cohen

ブランド

ヤコブ コーエン(Jacob Cohen)は1985年にタト・バルデッレ(Tato Bardelle)がイタリア・パドヴァで創業したデニムブランドです。
「高級スーツを着る人の普段着」をコンセプトとして、「仕立ての良いテーラードジャケットに合わせるジーンズ」を提案し、ジーンズでありながらスラックスのように丁寧かつ繊細に仕立てられているのが特徴であり魅力。

「デニム時代」と言われる2003年に息子のニコラ・バルデッレ(Nicola Bardelle)がヤコブ・コーエンをデニムブランドとして再建します。

ジーンズはワークパンツではなく「ライフスタイル」であるという新しい感覚を打ち出し、シーンを選ばずに着る事ができる「快適でエレガントで毎日穿きたくなるようなジーンズ」を目指しています。

日本のデニム生地を使用し、「made in Italy」のこだわっています。
立体裁断とテーラーメイドで見事な美脚ラインを確立、また職人技のアイロンワークにより、余分なシワやたるみがでないため、脚がスマートに見えます。
現在イタリアのみならず、日本、アメリカ、ドイツ、オランダ、ベルギー、スペインなどでも展開し、その独自性とこだわりでブランドコンセプトを明確に打ち出し、他とは異なる独創性を表現しています。