ブランド事典

フェランテ ferrante

ブランド

1875年
LUIGI FERRANTE はナポリで高い技術を持った靴職人としてよく知られていた。
1918年
フェランテ(FRATELLI FERRANTE)は第1次世界大戦後、カンパーニア州の最初の靴工場のひとつとして生まれ、RAFFAELE、ZACCARIA、ANTONIO FERRANTEによって創立された。
1935年
彼らのいとこであるLUIGIがそのファミリービジネスに参加した。
1948年
最先端の製造技術に興味を持ち、彼はそのビジネスをナポリで最もクオリティの高い靴を生産する靴工場に発展させていった。
“Lord Brummel”というブランドネームのもと、LUIGI FERRANTEはクラシックな紳士靴の国内市場に入っていった。
その腕前はかなり目の肥えた顧客たちの興味を一心に引いた。
第二次世界大戦の危機の中、材料不足も相まって、ビジネスは動物の皮を代替することを試みるようになった。
それらは爬虫類、カメレオン、魚でさえも含まれた。
1960年
決定的な転換はLUIGIの子供達 DOMENICO、 FERDINANDO、 ANTONIOによって行われた。
ファミリービジネスの中で大きくなった彼らはもっと発展させ、海外市場に向けて舵取りを始めた。
1976年
DOMENICOのビジネス戦略とマーケティング、FERDINANDOの経理財務管理の指揮、そしてANTONIOの製品製造過程の管理によって“FRATELLI FERRANTE”の名前は順調に市場に出回り始めた。
このように会社は強固な基盤のうえに立っていた。
伝統的な職人技術により高い品質を兼ね備え、兄弟達は彼らのクラシックなスタイルを維持しつつ、最新のモデルを志向した現代的なビジネス構造を作り上げた。
1979年
フィレンッツェの“PITTI”でDOMINICOは“STILNOVO”を発表した。
それは高品質の子牛の革に縞模様や新しい色で装飾するためにシルクスクリーンプリントの方法を使って特別にデザインされた、かなり芸術的な靴のコレクションだ。
1981年
雑誌“ESQUIRE & DERBY”にて新しくかなり創造的側面を持つ様々なFerrante Models、例えば、1881年VINCENT VAN GOGH styleのレースアップシューズなど(Scarpe Stringate)を紹介した。
比類なき見事なラインは、世界中のプレスの注目を集めた。
その結果、その名はドイツ、オーストリア、スウェーデン、フランス、イギリス、アジア、オーストラリア、いくつかのアフリカの国々を含め、アメリカ市場に一気に参入を果たした。
そして新しい作品を次々に世に送り出した。
1984年
“COMPUTER”コレクションはシンプルながら洗練され、バーチャル技術と職人の腕前の完璧さを結集したものだった。
1985年
靴とネクタイのコーディネイトに着手。そしてこのようにしてフェランテの名はたいていのイタリアの高級洋服店で見られるようになった。

フェランテの作品は高品質な素材と伝統的な職人技術、さらに最新のテクノロジーを通して完成されます。
フェランテは長年の経験に基づき、イタリア国内のみならず世界中で魅力的な靴を供給しています。
フェランテの商品一覧を見る