ブランド事典

マッキントッシュ Mackintosh

1822年、ハイテク素材の誕生

英国を代表するアウターウェアブランドであるマッキントッシュの起源は、マッキントッシュクロスの発明にさかのぼります。
マッキントッシュクロスは1822年チャールズ・マッキントッシュにより発明されました。
当時、防水布といえば、キャンバス地に油を塗り撥水性を高めたものしかなかったので、防水性に富んだマッキントッシュクロスの登場は全英中に衝撃を与えました。
そして1830年に、チャールズ・マッキントッシュはその特別な生地とコートを製作する会社を自ら設立し、ゴム引きコートは瞬く間にヨーロッパ中に広がりました。
英国上流階級の人々の間では乗馬用コートが人気を博し、その実用性の高さから英国陸軍や英国国有鉄道で採用されました。

時を越えて息づくクラフトマンシップ

マッキントッシュのゴム引きコートは今も当時の製法のままに作られています。
縫製を施した縫い目の裏に全て防水テープを張り、ライニング、ポケットも接着により取り付けられ、完全防水になります。
この工程は、職人が指す特殊なGlue(接着剤)をとり、伸ばして、貼り付けて、ローラーをかけ、乾かすという事を繰り返して行われます。
そして、MACKINTOSHのブランドレーベルの下に”(Genuine Handmade”(正真正銘のハンドメイド)のレーベルが縫い付けられます。
すべてのコートは一着一着この工程を通じて閑静されるので、限られた数しか生産できません。

MACKINTOSHの進化

時は流れ、様々な素材、コート、そしてファッションが台頭しては消えていきましたが、マッキントッシュは消え去ることはありませんでした。
マッキントッシュのみが持つ独特の匂い、素材感、風合いは、世界の本物を愛する人々に指示され続けてきました。
そして、近年様々なグランメゾンとのコラボレーションワークにより更なる輝きを増し、ゴム引きコートを核とした、モダンブリティッシュを体現するハイクラスアウターウェアブランドとして確立されました。
マッキントッシュの美意識を一言で表すとClassic&Contemporaryとなります。それは伝統と現代性のバランスの上に成り立ち、これ見よがしの装飾性を排したところにあります。
また、ゴム引きコートのみでなく、英国の洋服の歴史を反映したブルゾン、トレンチコート、キルティングジャケットもマッキントッシュの解釈で再構築され、人気を博しています。
マッキントッシュはこれからも伝統を守りながら進化して行きます。
マッキントッシュ/Mackintosh
マッキントッシュ/Mackintosh
マッキントッシュの商品一覧を見る