ブランド事典

ブラックシープ Black Sheep

ブランド

ブラックシープ(Black Sheep)の歴史は1966年、創業者クレア・ホーア女史がブラック・ウェルシュ・マウンテン・シープという羊の中では最高峰といわれるイギリス産の唯一の黒毛の品種を6頭飼育することから始まりました。

この小柄な黒毛の羊は、手触りが柔らかく、素朴な色合いと優れた保温性で評判が高い品種です。この絶滅寸前の危機にあった品種を創業者であるホーア女史が保護育成に乗り出し、繁殖に成功し、以後この黒毛の羊から刈り取られた羊毛はピュアナチュラルオイルドウールとして珍重されるようになりました。

ブラックシープはもともとウェールズの山地に生息していたため、毛に含まれる脂肪分が非常に多く、触るとべったりと脂分が手にくっつくほどで、羊毛として使用するには脱脂、脱色、染色と非常に手間がかかるためほとんど使われておりませんでした。
ホーア女史はこの羊毛を脱色、染色は一切せずに適度な脱脂のみで原毛を紡ぐことによって、ほかの羊毛よりもはるかに保温性、撥水性に優れた毛糸を作ることに成功しました。
こうして保温性、撥水性に優れたブラックシープの毛糸を使用して作られたニットウェアは、アウトドアは勿論、タウンウェアとしても世界各国で愛用されるほどになりました。
日本では近年ウェアのみならずマフラー、手袋などアクセサリーも充実し、全国の有名専門店、百貨店などでも取り扱われています。
ブラックシープの商品一覧を見る