ブランド事典

トリッカーズ Tricker’s

ブランド

ノーザンプトンの個性派 トリッカーズ

靴作りの名人ジョセフ・トリッカーが1829年にR.E.Tricker Ltdを創立してから5世代。世界的に有名な「トリッカーズ」の靴は、現在も当時と同じ伝統の手法と技を用いて作られています。工場は他の著名な英国靴と同じく、ノーザンプトンにあります。

カーフの甲革及びオークのタン皮でなめした靴底を含め最高級の素材のみを用いたトリッカーズ社の靴は、手作りの高級靴を作り出す職人の伝説的な技術により、世界のグッドイヤーウェルトシューズにおける比類ない水準を維持しています。

ロンドンで最もプレステージの高いショッピングエリアの中心に位置する有名なトリッカーズ社のセント・ジェームス店は、トリッカーズ社の靴を愛用されてい る世界中のお客様を迎る窓口となっています。トリッカーズ社の有名なオーダーメードサービスに加え、クラシックスタイルの豊富な種類の既製靴を幅広く取り 揃えています。

日本に於いてはカントリー・ラインが数年前より爆発的に売れ続け、若者を中心にもはやお馴染みの靴ブランドのひとつとなっています。
このラインはスーツやジャケット、ジーンズにすら合わせることのできる面構えと、圧倒的な耐久性とを併せ持ち、靴好き連中からも「究極の実用靴」として高い評価を得ています。
その歩行性は恐ろしいほど安定し、砂利道だろうが何だろうが、涼しい顔して走破してくれます。
アッパーに防水加工を施し(一部)、コバに細革を、タンに羽根を縫い付けているため、防水性は完璧。併せてその剛性感ある中底が地面からの入力をシャットアウトしてくれるので、文字通り「田舎靴」としては完璧な存在となっています。

他に、セントジェームス・コレクションというドレスラインも展開しています。カントリーブーツの人気が先行しているTricker’sですが、もともとはドレスシューズのメーカーです。
英国王室チャールズ皇太子も同シリーズを履いており、チャールズ皇太子よりロイヤル・ワラントを授かっています。
スクェアトゥのオーセンティックでスマートな木型を使用しながらも程よい足入れ感を持った1829コレクションは、現在のファッション傾向とマッチした非常に洗練されたドレスシューズとして世界中で高い評価を得ています。

ちなみに、トリッカーズ本社があるノーザンプトンはダイアナ妃のふるさとです。かつてそのダイアナ妃が地元のトリッカーズのルームシューズをチャールズ皇太子に薦め、皇太子はその靴を大変気に入り、トリッカーズはロイヤル・ワラントを授かったというわけです。
トリッカーズ/trickers
トリッカーズ/trickers
トリッカーズ/Tricker's
トリッカーズの商品一覧を見る