ブランド事典

ステファノマーノ Stefanomano

ブランド

カンパニープロフィール


ステファノマーノは1974年創業のファクトリーブランドです。
創業者のカリノ・ガスパローニ氏がミシンの販売を経て、誰に教わる事もなく木枠を組み立てミシン掛けをして、1人ですべての工程をこなし鞄をつくりました。
彼の技術はイタリアのみならず中近東の富豪にも認められるようになりました。
そして1978年、現社長のマッシモ・ガスパローニ氏が父の手伝いをするようになり、この頃からOEMで数々の有名ブランドを手掛けるようになりました。
彼は工場で働く父を見ながら、14歳のとき自分で鞄を造ることができるようになり、今では一流の職人となりました。
その10年後の1987年、次男のステファノ・ガスパローニ氏が父と兄の手伝いをするようになりました。
彼は主にデザインを担当し次々とヒット商品をつくり出しましだが、自社ブランドでものづくりをしたいという夢をかなえるため、オリジナルブランドの商品を2003年秋からイタリアに先がけ、日本のセレクトショップと百貨店で発売する事になりました。
それが『ステファノマーノ』です。
2004年秋からはイタリアのミラノ、トリノ、ローマの高級セレクトショップでも展開しています。

ステファノマーノのバッグの特徴


ステファノマーノ/Stefanomano 巧みなステッチワーク
ファクトリーの前身がミシシの販売をしていたこともあり、ステッチ掛けには定評があります。
ステッチの場所や入れ方によりミシンを使い分け、鞄の表情を出しています。
また糸きりの時もコテを使い、表面に切り目が目立たない様に気配りしています。
ステファノマーノ/Stefanomano 特注レザーとトレンド感のある素材の使用
デザインは、表面に革をふんだんに使い、レザーとリモンタ社製の生地のコンビネーションにより、絶妙な雰囲気を醸し出しています。
革は、ベジタブルタンニンなめしの革を、トスカーナ地方のタンナーに別注したもので、適度な素材感と光沢を見せます。
生地はリモンタ社とフリータイム社のみの取引とし、安定的な素材の入手体制を敷いています。
ステファノマーノ/Stefanomano 日本的なきめ細やかな仕様
携帯電話、財布やぺンが出し入れしやすい様にポケットを付け、機能面でも随所にステファノマーノらしい気配りが見られます。
マチ幅はビジネスタイプのブリーフやト一トには比較的広く取り、書類が入れやすいようにしています。
ステファノマーノ/Stefanomano 有名ブランドへの商品供給で培われたハイクオリティな生産体制
ステファノマーノのファクトリーは裁断から組立仕上げまで一貫して社員が管理しており、途中外部に委託する事なく生産し、クオリティの高い商品づくりをしています。