ブランド事典

アニアリ Aniary

ブランド

アニアリ(aniary)はAn ideal and reality(理想と現実)の文字を組み合わせた造語です。
ブランドコンセプトは「何かに拘れば、何かを妥協しなければならない。けれど、理想と現実がバランス良く調和すればいいものが生まれる。」

アニアリは日本発のファクトリブランドです。
従来の鞄流通は、メーカー業(生産)・問屋業(卸売)・小売業(販売)と大きく分けて三つに分類されています。
海外生産が主流になり、資材や賃金のコスト削減を図るため、生産を海外に依存して行きました。
当初は良かったのでしょうが、結果として期待していた事と異なり始め、商品力やクオリティーの低下などにより、エンドユーザーに対しても海外製需要の低下要因を築いてしまいました。
そして国内生産を軽んじた為、国内生産を行うことが不安定になり、仕事の魅力も半減し、職人の減少と老齢化が進み、国内において次世代へ繋ぐ事のできない職業になり始める要因を作ってしまいました。
このような悪循環の鞄業界にあって、世代の若い国内メーカーで次世代の人材育成に尽力を注ぎ、自社生産及び卸売を兼務することで、時代にそった適正なコストと価格の製品を作り、コストの高いといわれる日本製の改善を行うために、ファクトリーブランドをスタートしました。
アルバムを見る
アニアリの商品一覧を見る