ブランド事典

ピレネックス Pyrenex



ブランド

ピレネックスについて


フランスのピレネー山脈の麓サン・セベ(Saint-Sever) にて、羽毛を生産する会社として1859年に創業したピレネックス(Pyrenex)社。

サン・セベはフォアグラの産地として欧州では有名な地域で、鴨やガチョウの飼育が盛んに行われています。
創業当時から現在に至るまでピレネックス社は、食用として処理された羽毛を用いて、掛け布団や枕などの寝具なども生産を続けています。

1960年代になると、羽毛生産や寝具の生産を続けながら、本格的なアパレル製品の生産を始めました。
先ず、良質なダウンの保温性を生かして、地元ピレネー山脈で活動するアルピニスト達や、極寒で活動するフランス軍の為に寝袋の生産をスタート。
その評判は瞬く間に世界に広がり、スキーやウィンタースポーツなどで着用できる、ジャケットなどのアクティブなアイテム生産へとシフトしていきます。
当時は主に、他メーカーの製品を生産するOEMメーカーとして確立していき、様々なブランドとタッグを組んで物づくりのノウハウを蓄積していきます。

現在はパリの直営店や百貨店にコーナーを展開する、フランスを代表するダウンブランドに発展しました。

ピレネックスは現在も羽毛販売や寝具の生産も続けており、世界的には珍しい原毛から製品を一貫して生産しているダウンの総合メーカーです。

ダウンについて


ピレネックスのダウンは世界でも高水準のダウンと言われています。

南西フランスのピレネー山脈の麓で、グースやダックの飼育農場に程近い場所に拠点をもち、ダウン原毛の仕入れから仕上げまでを一貫して厳重に管理しています。

原毛は通常24時間(夏期は12時間)以内に処理を行わないと腐敗が始まり、ダウン本来が持つ性能が失われると言われていますが、ピレネックスはダウンの加工場を農場の近郊に設ける事で、素早くダウンの処理を行う事が出来ます。

使用するダウンは14~16週間育成された成熟した水鳥の羽を使用しています。
寒暖の差の大きい寒冷地で、のびのびとストレス無くしっかりと成熟するまで育っているので、ダウンクラスター(ダウンボール)は大きく育ち、かさ高のある保温性の高いダウンになります。
そのため、高いフィルパワーのダウンに加工することが出来ます。
量産用ダウンの場合、生後6週間程度の未成熟な水鳥の羽毛を使用しているため、ダウンクラスター(ダウンボール)が成長途中で小さく、保温性が十分ではありません。

そして原毛の加工もダウンの品質を左右する重要な要素となります。
丁寧に洗浄とすすぎ、乾燥を繰り返し行い、臭いや汚れ、埃などをしっかりと取り除いたのち、大型の選別機へ投入し、グレード別に選別していきます。
この工程をきちんと行っていないと、ダウンの品質にムラが生じたり、臭いが生じたりすることがあります。
加工が完了したら洗浄度合いをテストし、テストをクリアしたものが製品へと使用されます。

このように丁寧な加工とテストを繰り返し、ピレネックスは最高品質のダウン製品を提供しています。

フィルパワーとダウンの品質について


ダウンの品質は、単に羽の種類やダウンの混合率だけで決めるのでは無く、フィルパワーの高さで保温力が分かります。

フィルパワーとはダウンの嵩高性を表す指標で、ダウンをシリンダーに入れ、それを圧縮させて、一定時間後に復元した体積量を示すもので、フィルパワーの値が高いほどダウンの膨らみが大きく、空気をたくさん含んでいるので保温性が高いといえます。

水鳥の種類や産地にこだわっても、しっかりと成熟したダウンクラスターを使用しなければ、高品質なダウン製品は出来上がりません。
14~16週かけて成熟した水鳥のダウンは、ダウンクラスターが十分大きくなっているため、嵩高性に飛んだダウンができます。
安価なダウンの原毛は約6週間前後の水鳥の羽を使用しているため、ダウンクラスターが成長途中でまだ未熟なため、嵩高性の低いものになってしまいます。



ピレネックスの商品一覧を見る