ブランド事典

パルト Palto



ブランド

ブランドネームの秘密


イタリア語の「パルト/Palto」の語源をたどるのは簡単ではありません。
「palto」はフランス語の「paletot」からきた言葉で、その語源は中世英語の「paltok」とされていますが、その先は定かではありません。
語源は謎に包まれたままですが、どちらの国でも同じ音で発音され、しかも「メンズやレディースの冬のオーバーコート」という同じ意味で使われていることは紛れもない事実です。
イタリアで「palto」という言葉が使われ始めたのは19世紀に入ってからです。
マナーが重視されていたその当時、「palto」は寒さをしのぐ理想的なウェアのことを指していました。
やがてコートは長年持ち続ける高級品となり、コートの購入は一家の一大事とされた時代もありました。
さらにその後、コートは男性らしさや女性らしさを表現するアイテムとして、エレガントさのシンボルになりました。
フランス語の「paletot」が持つイメージはフォーマルさや洗練された雰囲気だけではありません。
作家ベルンハルト・レッツェル(Bernhard Roetzel)は彼の著書「Gentleman. A Timeless Guide to Fashion(紳士へのガイド)」で、コートはその形状から身体の保護機能がある、と述べています。
着ている人を厳しい環境から守るカバリングの役割を果たし、外の世界から防御するシールドとして機能するのです。
寒さ厳しく、快適さに欠ける劣悪な環境で、コートを着る必要性を感じた経験のある方は多いはずです。

「palto(コート)」は単なるウェアではありません。
その特性を活かすことが大切です。
コートの真価を理解する人だけに通じる心理的な機能があるものなのです。

1950 年代から60 年代にかけて、コートはエレガンスの象徴とされました。
映画「甘い生活(原題:La Dolce Vita)」の時代に活躍した俳優やロックンロール歌手たちは、マストリヤンニ、ジャン・ポール・ベルモンド、ポール・ニューマン、マーロン・ブランド、スティーブ・マックイーン、ロバート・デニーロ、ミック・ジャガー、ジョン・レノンにいたるまで、誰もが重要な場面でコートを着用していました。

コート・ファクトリー


パルトは自らを市場の「コート・ファクトリー」と位置付けています。
ブランドが目指すものは、ブランド理念と同様に、伝統、エレガンス、エクスクルーシブさに象徴されるイタリア的な着こなしの真価を再発見することにあります。
パルトは、イタリアのスタイル、サルトリアルの職人技、最高級の素材、ハンドメイドのディテールなど、イタリアの真髄に立ち返り、現代の機能性やニーズに合わせてウェアをカスタマイズしています。
パルトは、ファッションの研究を通して生まれたブランドです。
ウェアの歴史、仕立て方、用途を知りつくし、その特徴やデザイン要素を現代のファッション・トレンドに合わせてアレンジしています。
イタリア規格、生地や素材は時代を超越した重要な要素であり、テイストやスタイルと同じように、そこに妥協はありません。

パルトは、過去に高い評価を得ながら時代とともに忘れ去られたイタリア製品の真価の再発見を目指しています。
パルトの製品は、製品研究から開発にいたるまで、希少になりつつある熟練の職人たちの手により、すべてイタリアで作られています。
生地や素材もすべてイタリアの大手メーカー製を使用しています(ハリス・ツイードなどの一部例外を除く)。
モエスマー社とは業務提携をしています。

パルトの商品一覧を見る