ブランド事典

アット・バンヌッチ Atto Vannucci



ブランド

フィレンツェ最後と言われるハンドメイドネクタイの専門工房


アット・バンヌッチ(Atto Vannucci)を制作する工房は、セブンフォルド社が2011年に始業しました。
昨今、絶滅の危機であった工芸品ともいえる手縫いのネクタイ。
愛用者達に末永く提供し続けたいという願いのもと、投資家達の協力により今日に至ります。
現在の私たちは常に仕事に誇りを持ち、これからも昔ながらの手法で制作しつづけます。

Atto Vannucciの由来


ここイタリアでは、本国の歴史に貢献した人物の名前を、オマージュとして通りに名づける習慣があります。
彼は、イタリア統一の際に政治家として活躍しました。
新しいことを始め、維持・貢献する。
セブンフォルド社のフィロソフィーと重なり、この名前をブランド名としました。

セッテピエゲの着用で自由を感じる


アット・バンヌッチはセッテピエゲ(七つ折り)をメインモデルとしています。
私たちは紳士服のコーディネートにおいて、着用者自身が自由を感じることを理想としています。
このモデルは、コンストラクションからも、まさに自由を体現できるネクタイなのです。

生地と柄は“洋服屋目線”


毎シーズン展示会で紹介するコレクションは、オリジナリティーがあることでも知られています。
ネクタイメーカーから見た提案ではなく、洋服屋として、沢山のコーディネートを思い浮かべながら、高品質で洗練され、かつ個性を表現します。
老若男女を問わず、「どこのネクタイかな?」と好奇心を持っていただけます。
アット・バンヌッチの商品一覧を見る