ファッション用語事典

コードレーン Cordlane

コードレーンとは、コットン素材の平織地に細かいヨコ畝が表れた細い畝織り地のことを指す。
全体にハリとコシの強い生地で、清涼感と清潔感が魅力である。
シアサッカーと並ぶ、サマーシーズンの代表的な生地であり、木綿地で作られたそれを特に「コットン・コード」と呼ぶ。

1930年代には、アメリカントラディショナルブランドの雄、ブルックスブラザーズがコードレーン生地でスーツを仕立てた、という記録が残っている。
軽いコットン素材で、カジュアルな印象だが、昨今のクールビズの流れを受けて日本のドレスシーンにも浸透し、サマーシーズンには欠かすことのできないアイテムとなっている。
着こなしのポイントは、生地の質感を生かして全体的に清潔感と清涼感のある素材や色づかいでまとめることである。
赤のニットタイや、リネンのシャツを取り入れて、コードレーンの持つ素材の清涼感を崩すことなく、色味も抑え気味にするのがポイントだ。
元々、アメリカントラディショナルスタイルとして取り入れられたコードレーンであるが、現在では数多くの有名ブランドが自身のコレクションでコードレーン素材のジャケットやパンツを展開している。
カラーバリエーションも追うごとにますます多くなり、清涼感や華やかさ、季節感などを演出出来る使い勝手の良いアイテムになっている。
コードレーン/Cordlane