2013年5月の投稿一覧

 
STEP1:ネクタイの長さを調節し、長さを違えて首にかけ、首回りにフィットさせる。このとき、ネクタイの幅が左右対称でない場合は、大きい方を右にそろえておく。

[全部読む]

蝶ネクタイの結び方

固結び

輪を絡めてしっかりと結ぶスタイル。
自分で結ぶのは初め少し難しいかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。
この結び方は、ほどけてしまうことはほとんどありません。
 
STEP1:先端の輪にもう片方の先端を通す。

[全部読む]

固結び

ツイスト

ワンランク上のスタイル。
異なる二色を使うと、カラフルでおしゃれです。
 
STEP1:2本をねじり、刺繍のないところまで絡めておく。

[全部読む]

ツイスト

巻き付け

複数のブレスレットを連結させ巻き付けた、上級者向けのスタイル。
ひとつずつつけるよりも短時間で楽につけられるので、複数つけたいときにおすすめ。
異なる色の交わる結び目がおしゃれです。
 
STEP1:それぞれを「固結び」で結んでおく。

[全部読む]

巻き付け

ベルトをネクタイのように結ぶスタイル。
後ろでベルトを少しきつめにしめることで、バックスタイルが引き締まり、腰位置を高く見せる視覚効果も期待できます。
ノットを作ることで長さや絞りの調整もしやすく、見栄えもきれいです。
 
STEP1:ベルトをサイドのループに通した状態で背中側に折り返し、ネクタイを結ぶときのように剣先側を長く、バックル側を短くとる。

[全部読む]

シングルノット

蝶結び

後ろでベルトを少しきつめにしめることで、ウエスト周りをすっきり見せます。
腰にかけて広がるシルエットが、女性らしさを演出してくれる結び方。
パートナーに教えてあげてはいかがでしょうか。
 
STEP1:ベルトをサイドのループに通した状態で背中側に折り返し、蝶結びをし、完成。

[全部読む]

蝶結び

バック本結び

ベルトを後ろで結び、ウエストを絞ったシルエットを出すスタイル。
ボタンを締めず、トレンチコートを羽織るような着方にお勧め。
ベルトの両端が左右対称になるように結ぶと、バックスタイルがきれいです。
一見普通の結び方ですが、この通りに結べば縦結びになりません。
かっちりとした印象を与えます。
 
STEP1:バックル側を剣先側の下に通す。

[全部読む]

バック本結び

後ろで片蝶結びをし、ウエストラインに絞りを利かせるスタイル。
ベルトがコンパクトに結ばれておりスマートです。
結んだ時のドレープが美しく、バックスタイルが引き立ちます。
 
STEP1:ベルトをサイドのループに通した状態で背中側に折り返す。

[全部読む]

バック片蝶結び

サイド本結び

ウエストを絞ったシルエットを出すスタイル。
結び目をサイドにもってきた着こなしです。
ベルトの両端が左右対称になるよう結びます。
一見普通の結び方ですが、この通りに結べば縦結びになりません。
かっちりとした印象を与えます。
 
STEP1:バックル側を剣先側の上に乗せる。

[全部読む]

サイド本結び

ウエストを絞ったシルエットを出すスタイル。
結び目をサイドにもってきた着こなしです。
綺麗に結ぶより、少し無造作に見えるよう結んだ方が着こなしている感が出るのでお勧めです。
 
STEP1:ベルトをサイドのループに通し、左側に寄せる。バックル側を長くする。

[全部読む]

サイド片蝶結び

次ページへ »